BFF Meetup 〜Ruby/Go/Kotlin〜 ※言語別クライアント連携編 を開催しました!

弊社で先日、バックエンド系の方々を集めてBFF Meetup 〜Ruby/Go/Kotlin〜 ※言語別クライアント連携編 を開催しました。 azit.connpass.com

Push通知多用サービスならではのRails API開発・運用ノウハウ

私 十亀(id:Pocket7878_dev)からは、RailsはRestful APIでの文脈で紹介される事が多いかなと思い 弊社ではPush通知のペイロードをかなりヘビーに活用しているという所が 独特だろうという事で通知ペイロードの検証について発表させていただきました。

懇親会でもその点について興味をもっていただけたり Swaggerでのコード生成から各プラットフォームへの配布等の話について、 サーバーのリポジトリにOpenAPIのファイルを設置しているパターンと、 独立したリポジトリに設置しておくパターンでの事例などを伺えました。

speakerdeck.com

MicroservicesとBFFで成したかった世界 (hori_ryota)

hori_ryotaさんからは、 マイクロサービスとBFFの設計についてお話しいただきました。

speakerdeck.com

弊社でも年末に向けてのマイクロサービス化の開発を進めていますが、 マイクロサービスとして分割した事によってデプロイのタイミングに依存関係が発生してしまったり、 うまくドメインの境界を分離しないと、ビジネスロジックが歪に分散してしまって苦労してしまう話など 単にマイクロサービス化するだけでなく、それによって何を成し遂げたかったんだっけ? という所に立ち返る事ができました。

Kotlinでサーバサイドを始めよう! (たろう)

f:id:azit-product:20190528131900j:plain

たろうさんからは、 Kotlinの言語としての魅力からサーバーサイドのフレームワークからテストまで、 Kotlinで複数プラットフォームを開発する魅力を存分につたえていただきました。 弊社のアプリも開発3年目を迎えて、iOS, Android複数プラットフォーム間でのコード共有などの観点から Kotlin MPPの導入等も検討しているので、導入した際にはサーバーサイドとクライアント間でモデルの共通化なども安心して進められそうです。

speakerdeck.com

感想

今回は言語やフレームワーク別でバックエンドやBFF関連のミートアップという事で、 色々な視点からバックエンド開発について知見を得られる機会になりました。

懇親会で、RestfulAPI以外のGraphQLやgRPCでのクライアントとの通信の設計や、 BFFから背後のマイクローサービスへの効率の良いリクエストの投げ方のためのそもそものAPIの設計の話等 マイクロサービス化を色々な方面で進めていらっしゃる方々のそれぞれの設計での苦労やどうやって解決して行ったのか 伺う事ができ、自分達が今後設計していくための良い指針になりそうです。

f:id:azit-product:20190528132033j:plain

おまけ